Grinding

研削盤加工

高速で回転する砥石により、金属を研削する機械です。
砥粒にアルミナ、炭化ケイ素を固めて砥石として使われているものが一般的であるが、最近はダイヤモンドやCBN(ボラゾン)砥粒を固めた砥石(ボラゾン砥石)が主流となりつつあります。
金属を精密に研削する(精度:μ以下)加工で仕上げる。砥石の形状を変えることによって、複雑なものを高精度で加工することができるが、欠点としては加工時間(能率)が非常に要するところである。セラミック加工や半導体装置などの加工用途としても使われています。
クランプ治具
異次元くん
資料請求
研削加工の切込み量、通常の(2μm)5倍~15倍の切込みを可能にするナノクラッシャ付注水装置です。目づまりしない2μmのフィルタ-で研削液を処理して、しかも、特殊セラミックフィルタ-で水の特性を変化させ、生産性をアップさせます。(最大15倍)
24時間連続超高速加工を可能としました。
クランプ治具
ピタット君
資料請求
プロファイル、平面研削、小型MC、JG、放電、ワイヤカット等の小物クランプ治具です。
誰が、何度やっても繰り返し精度は2μm以内。
形状によりクランプする位置を変えることによりクランプ力が大幅にアップします。
クランプ治具
ソフトライナーM28-4
資料請求
通常、プラ型のコネクター用のピン、プレス型のかきあげパンチ等、段差のあるワークを研削する場合、ワークが傾くのを防ぐのに、ライナーを入れる。しかし、そのライナーはワークに合わせて毎回、製作する場合が多く、ライナーの精度が製品の精度に大きく影響される。『ソフトライナーM28-4』は段差1mm以下のサイズであれば、どのサイズにも使用でき、しかも形状が複雑な物には非常に有効です。通常のライナーとの組み合わせにより、フリーサイズのライナーとなります。